ジャガイモに出会う旅。ノーザンルビーとシャドークイーン

ジャガイモは、どこに行けば手に入るのか?

多くの人は、スーパーのような小売店を思い浮かべるだろう。

違うのだ。

 

・ジャガイモの語源

雑学知識豊かな諸兄には「ジャガイモの語源」を知っているだろう。
1600年頃にオランダ人が貿易で持ち込んだ際、ジャワ島のジャカトラ(現ジャカルタ)からやってきたことから、「ジャカトライモ→ジャガタライモ→ジャガイモ」と名前が変化して今に至るのだ。参考:農林水産省webサイト
明治21年の料理レシピ本には馬鈴薯のルビに「じゃがたらいも」の表記が見える。

jagata
マダーム・ブラン 述[他] 明21.11 軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び

 

・栽培ジャガイモの導入は明治以降

ジャガイモは1600年頃伝来したのち各地に土着していったが、本格的に栽培が始まったのは明治以降だ。欧米諸国から様々な品種が持ち込まれ、北海道を中心としてジャガイモ栽培がはじまった。

まってほしい。ジャカルタ関係ないじゃないか。

本来の意味でのジャガイモはもう存在しないのだろうか。いや、そんなことはない。ジャガイモは、ちゃんと、生きているのだ。

 

・現代に残るジャガイモの末裔

現在流通している栽培ジャガイモの中に、ジャカルタ伝来の”ジャガイモ”に由来する品種がある。比較的手に入りやすい品種に、ノーザンルビー系譜図)とシャドークイーン系譜図)がある。

SONY DSC

比較用のトヨシロ(左)とノーザンルビー(中)、シャドークイーン(右)。

この系譜を辿って行くと、根室紫(別ウインドウ)という品種に行き着く。この根室紫がジャカルタ伝来のジャガイモの末裔と推論されているのだ。

「根室紫」は南米から始めてヨーロッパに伝えられたジャガイモと言われるS.tuberosum ssp.andigenaに典型的なA型葉緑体DNAを持ち(Hosaka (1993))、ゲノムDNAのRAPD分析の結果、埼玉県大滝村に古くから伝わる「紫いも」とマーカー型が一致し、ssp.andigenaに高い類似性を示したことから(Hosaka et al.(1994))、品種はわが国に最初もしくはごく初期に伝来したジャガイモに由来すると同時に,最初もしくはごく初期のヨーロッパのジャガイモの直系の末裔であろうと推論している。

引用元:日本イモ類研究会 根室紫 http://www.jrt.gr.jp/var/nemuro.html

根室紫は淘汰されてしまったようだが、これに由来するノーザンルビー、シャドークイーンの両品種はまさに「ジャガイモ」と呼ぶにふさわしいのではないか。いや、伝わっているはずである。

salad

トヨシロ、ノーザンルビー、シャドークイーンの3色ポテトサラダ。あなたには見た目だけではないおいしさが伝わっていることだろう。

 

カラフルなジャガイモの中に秘められた由緒ある系譜。そんなロマンを感じながら食べるとき、あなたは新たなおいしさに出会うことだろう。

普段何気なく食べているジャガイモ。その名前の中には日本の歴史と共に歩んできたストーリーがあった。身近なものの中にある物語。ジャガイモの魅力は付きないのです(続く)。

 

宣伝:ジャガイモ大好きな大谷さんは大谷号というサークルで同人誌を発行しています。コンセプトは「ふつうな、いいもの」。身近にありふれたものの中にステキなものは詰まってる。そんなものを紹介しながら、あなたの身の回りのステキ探しを応援したいと活動しています。本はコミケで頒布するほか、コミックZINさんに委託、Twitterかメール ota25fjo@gmail.com (コピペしてください)でおしえていただければ対応します。「本買ってやるぜ!」といっていただければしっぽ振って対応するよ。
堅苦しいメールはいらないですっ。興味があればぜひ! 「最新刊紹介ページ

 

表14

imopage

※本文のジャガイモネタの元となった記事ほか、北海道のマイナーなオススメを紹介した既刊はイベント販売、自家通販のみの対応となります(コミックZINさん売り切れ)

One thought on “ジャガイモに出会う旅。ノーザンルビーとシャドークイーン

  1. Pingback: ジャガイモに出会う旅。奥秩父で根付いたジャガイモへ | 大谷号の大谷さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です